福利厚生センター概要

加入のメリット

スケールメリットの発揮

会員数24万7千人(平成27年4月現在)のスケールメリットを活かし、法人単独では実現できなかった

1.多様で豊富なサービス
2.安心で良質なサービス
3.会員のニーズに合ったサービス
を、職員に提供することが可能となります。

全国均一な福利厚生の提供

法人の職員数の多少にかかわらず、地域にかかわらず、全国共通の高水準な福利厚生が実現します。

多種多様なサービスの提供

・女性にも男性にも、若い人にも年配の人にも、ご家族でもご利用いただけるものを用意しています。

・ライフスタイルの多様化、ニーズの多様化に応じたサービスを提供します。

・それぞれの地域のニーズに合ったサービスも提供しています。

・研修、講習会など、社会福祉関係者のための、職場で役立つ独自メニューも用意しています。

・職員個々人の福利厚生の選択の幅が拡がります。

魅力ある職場づくり

ソウェルクラブヘ加入することによって、職員は、健康、生活、余暇、啓発などの多様な福利厚生サービスを利用できるようになります。

心身のリフレッシュに役立ち、仕事や暮らしにイキイキと取り組める福利厚生制度が、働く魅力のある安定した職場づくりのお役に立ちます。

人材の確保に、地域からの評価に

福祉の職場への就職に当たって、福利厚生が充実しているかどうかが、賃金や労働時間と並んで重要な選考 ポイントとなっているといわれています。

ソウェルクラブへ加入していることが、質の高い人材の確保につながります。

また、福利厚生が充実していると、地域社会から「職員の処遇にも配慮した健全な経営体である」との評価と信頼を得られるという効果も期待されます。